カテゴリ

2011年05月01日

581系がデビュー!昼夜を問わず活躍 「月光」「みどり」を再現しよう

  
1967年、それまでにない画期的なコンセプトの車両が登場した。

昼は座席車、夜は寝台車に変身して、昼夜を問わず鉄路を駆け回った581系である。

新大阪ー大分間の特急「みどり」と、新大阪ー博多間の寝台特急「月光」でデビューを飾り、この列車名から「月光型」と呼ばれていた。

交流60HZ用の581系には翌年、交流50HZ,60HZ両用の583系が加わり、上野ー青森間の特急「はつかり」「はくつる」「ゆうづる」、関西ー九州間の特急増発用に投入された。

581・583系は、車両中央にある通路の両側に3段寝台を配置していたが、当時の客車寝台よりも寝台幅が広かったことから、利用者からは好評であった。

しかし、寝台幅が広くなった新鋭14系の登場や、客車寝台の二段式化が進むにつれ、581・583系の寝台は時代遅れとなっていった。

それでも、平成の時代をも駆け回るその姿に、偉大なる存在感が感じられる。

大柄で重々しいスタイルには貫禄がある。

ブルトレと並んで、今でも人気の車両だ。




「月光」のデビュー当時の編成は以下の通り(「みどり」も同じ)


←博多・大分

@クハネ581 Aサハネ581 Bサハネ581 Cモハネ580 Dモハネ581 Eサシ581 Fモハネ580 Gモハネ581 Hサハネ581 Iモハネ580 Jモハネ581 Kクハネ581 

                          新大阪→





katoから再生産された583系基本7両セット
583系を買うなら、今がチャンス!!
屋根上の機器が別パーツ化されていない点に、時代遅れの感が否めないが、動力のフライホイール化など、改良が加えられている。
tomixのモデルより安価で手に入る。







tomix 国鉄 581系特急電車 月光型 基本セット






tomix 583系特急電車(クハネ581) 基本7両セット






tomix 583系特急電車(クハネ583) 基本7両セット

tomixの581・583系は、ハイグレードモデルで登場。
屋根上機器の精密な再現、新集電機構、フライホイール動力、黒色車輪、交換可能となったヘッドマーク。
このモデルに関しては、個人的にはtomixが好みだが、経済性を優先するならkatoだ。






他店の在庫状況
やはり人気の車両
tomixのモデルは特に入手困難のようだ




鉄道模型とは関係ありませんが、私の書いた本です。
矢印人情にふれる旅あります。


海外旅行地域別


特選旅情報


旅の総合情報


海外格安の宿


健康、美容




相互リンク集



posted by 徒歩田 一 at 00:45| 東京 ☀| 特急電車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。